交際した人を好きになれない。結婚していいの?

こんにちは!ビリーブインユアセルフの米田です。

今回のテーマは、「交際した人を好きになれない。結婚していいの?」
結婚相談所での婚活において、よくご相談いただく「婚活あるある」な悩みです。

会員様からも同様の悩みをよく耳にするのですが、
女性から「条件的には申し分ないし、いい人なんだけど、なんかピンと来ない。」
男性から「どう考えても性格もいいし、すごく自分のこと想ってくれているんだけど、女性として見られない。」

それでもお見合いをして、条件的には悪くないから、交際は始めてみる。
デートをしてみたけど、ドキドキ感が全然ない。

相手は自分にぞっこん!な様子。
多分このまま交際が進んだら結婚するのかな……という流れ。

さて、こういったケースの場合、皆さんがどうされているかというと7割ぐらいは交際終了してしまいますね。

正直な話、手もつなぎたくない、キスなんてもってのほか!ということであれば、その交際はやめた方がいいかもしれません。

それでも、残りの3割程度の交際はどうなるのでしょうか……?

1、2割ぐらいは好きになって結婚する。

2、1割ぐらいは好きにならなくても結婚する。

あくまでも数字は正確なデータではないのでご了承いただければと思いますが、なんとどちらでも結婚する。に至ります。

で、その後どうなるかというと、どちらも結婚生活うまくいっているケースが多いのです。私の職業柄、様々な成婚事例を目にしたり、耳にすることが多いのですが、そもそもお見合結婚というのは、恋愛結婚より離婚率が圧倒的に低いことはご存知でしょうか?

全国仲人連合会さんのデータを拝借しますと、
・恋愛結婚での離婚率  40%
・お見合結婚での離婚率 10%
ということなのですが、これは事前にある程度お相手のことを知っているので、相手のいいところも悪いところ(悪い条件)もわかった上で結婚しているので、結婚してから相手のことが嫌になるリスクが低いということが一つの理由と言えると思います。

反対に、恋愛結婚というのは「好きになって、結婚する」わけですから、相手のいいところにフォーカスしがちです。

それでも40%が離婚というのはどういうことでしょうか。

離婚理由は夫婦によって様々ですが、「国民生活白書」によると、

離婚の動機は、「性格の不一致」が男女ともに第一位です。

それ以外には、浪費・異性関係(浮気・不倫)・精神的虐・暴力など様々ございますが、どんなに大恋愛をしていても、何年も交際していても、離婚するときは離婚するわけです。

そして、あんなにイチャイチャしていたカップルが、もう顔も見たくない、触られただけに気持ち悪いなんて言い出すのです。

ここで先ほどの好きになれない交際相手についての話に戻りますが、あなたはその相手のことを何%ぐらい知っているでしょうか?

意外と見えていないことが多いのです。

2割の好きになった方の事例でいいますと、
「とにかく好きになれる自信がない。」と言っていた男性が、交際を進めていくうちに、相手の女性から連絡がしばらくないだけでものすごく不安になっていらっしゃり(すいません、〇〇さん、お話拝借させていただきました)、あんなに女性として魅力を感じないと言っていたのに、すっかり惚れてしまったなぁと感じたものですが、かくいう私も似たような経験があります。

会社にいた、いつも同じ色のカッターシャツを着ている上司。
そんなに頻繁にその色を着るなら、白色にして目立たなくしたらいいのに……。
唇荒れてるなぁ……。ストレスたまってはるんやろうなぁ。

女子社員同士でちょっと愚痴っぽく言っていた上司こそ、今の主人なわけですが、

恋愛を長らくしていない、もしくは今まで恋愛らしいことをしていない人こそ、こんな状態に陥っています。
身なりは綺麗にしている女性でも、恋をしていないと、ちょっとさぼりがちなケア、色々あるはずです。
男性でしたらもっと顕著に表れるかもしれませんね。
それでは一目見て、惚れるわけがありません。

しかし、恋をすると、人はどんどん磨かれます。

同じ色のカッターだったのが、毎日別の色を楽しむようになったり、表情も明るくなったり、そして荒れた唇にはそっとリップクリームを買ってプレゼントしてあげると、キスで悩むこともありません(笑)

そんなわけで最終的にはちゃんと好きになって結婚しています。

そして、くたびれた様子を知っているので、結婚して何年経っても、そうそう驚かされることもなく、むしろそんなことはどーでもよくなってしまいます。(むしろ自分の方が劣化してしまってごめんなさい、でもあなたが選んだのだからいいでしょ、と強気になってしまいます(笑))

1割ぐらいの好きにならなくても結婚した人がうまくいっているのも、結婚生活において、好きになるかどうかというのはあくまで入り口の部分であって、その後の日々において大切なのは、

例えば当たり前に信頼しあえる関係で、
当たり前に毎日を過ごすことができて、
家事や子育てなどを協力しあえる関係で、
時にピンチに陥った時も、小汚い、どん底の自分を見せあえる相手で、

日々を平和に過ごせる相手なのであれば、ドキドキは究極の話、いらないということかもしれません。

もちろん、たまにはお互いに惚れ直す場面があった方がより一層うまくいくのですが。

ここまでのお話でまとめますと、
「交際した人を好きになれない。結婚していいの?」
についてですが、
私の意見としては、アリ、だと思います。

古来、日本はお見合い結婚が当たり前で、選ばれた相手と結婚することも少なくありませんでした。

好きになった相手と結婚しても離婚する時はするし、好きになれなかった相手と結婚して、幸せになることもあります。

失敗したくないがために、お相手選びに力を入れすぎてはいけません。

どんなに調べ上げても結婚してみないとわからないこともあります。

出逢ったご縁を大切に、今の年齢だからできることを考えて、後悔しない婚活をしていってくださいね。

いつでも、応援しております!!

BIYお問い合わせはこちら

コメントを残す