金婚式の夫婦

今日は父と母の結婚50周年=金婚式の日でした。


結婚50年とはなかなかそう簡単に言える歴史ではないですね。
母親に、結婚とは?と尋ねますと「我慢」かしらとリアルな回答が返ってきました。
振り返ると、結婚30周年の頃は、「生まれ変わってもお父さんと出逢って結婚すると思う。」と言っていたり、
結婚40周年の頃は、「お父さんと一緒になっていなかったらまた違う人生やったのかなぁ。」なんて子どもをヒヤヒヤさせる発言をしてみたり、
そして「今はもうそんなことどうでもいいんだ。とにかくいなくなったらやっぱり寂しいんだろうな。」ってぐらいに思うらしいです。

うーん、深いですね。

どんな夫婦にもいろんな波風があるものなのでしょう。
そして、色んなものが波風と共に洗い流され、いつしか2人にしか理解できない世界が出来上がります。

初めから完成された結婚はありません。

良い夫婦なんていう答えはないのです。

相手に完成品を求めてはいけない、ってことでしょうか。
ご入会からご成婚までがとても早い方というのは実はそれをわかっている方が多いですよ。
長続きする幸せな結婚については、カウンセリングにてお話しますね。